岐阜の一戸建て注文住宅建替えなら町家スタイルにお任せください。

町家の素材

家のつくりやうは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き日わろき住居は、堪えがたきことなり。

町家スタイルの家づくり

町家スタイルの吹き抜け

日本の夏は、蒸し暑く湿気が多い気候です。
吉田兼好はそのあまりにも有名な書「徒然草」の中で、「住まいは夏を旨とすべし」といっています。

空調のない時代、自然の力を利用しなければならず、町家には「通り土間」がありました。
これらは風が表から裏、上から下へと縦横無尽に走り抜ける道です。
この通り土間を建築インテリアの一つとして取り入れる住宅会社もありますが、見た目の奇抜さ、美しさだけではなく、夏を涼しくする通気性をよくするという機能的な意味があるのです。

また、まちやスタイルでは、きれいな空気の通り道を支える良質な建築素材に支えられています。まちやスタイルではいくつかのルールがあります。

「構造のこと」   「設計のこと」   「素材のこと」

この決め事がまちやスタイルを創る上でどれもが不可欠な要素となっています。

和モダンデザイン

町家スタイルの和室

格子は建物の採光側に用い、内部での採光と通風を確保しつつ、外部からの進入と視界を制限できる効果がある高い機能性を持っています。

また、同時にシンプルでモダンな縦格子デザインは、空間のアクセントとしての役割も果たします。
様々な生活シーンでの空間アレンジが楽しめることだと思います。

永く暮らすためには、飽きのこない住宅デザインであることも重要です。
いつまでも永く暮らしていただく隠し味として、皆様に愛されるデザインを「和モダン」テイストで提案いたしております。

暮らし方-サンクンリビング-

町家スタイルの暮らし

古くからは囲炉裏を囲んでの暮らし方がありました。
食事中、夜間は自然と囲炉裏の回りに集まり、会話が生まれます。
囲炉裏文化は時代とともに変化し、座卓、ちゃぶ台へと変化します。

ちゃぶ台は昭和初期の家族団欒を象徴するシンボルとして取り上げられました。
大正末期から昭和初期にかけて全国的な普及をしましたが、生活習慣の変化や洋風化志向の時代の流れに乗って、次第にダイニングテーブルへと移り変わりました。

日本人が心からくつろげる清潔で快適な空間づくりというのは、日本人には茶道や華道などの礼儀作法にもあるように、すなわち座って食事をし家族団らんで楽しく食事をする住まい方なのではないのでしょうか。

家族団らんのできる食空間から楽しさや作法などの生活文化が芽生えていくのではないでしょうか。
この新しい生活スタイルをまちやスタイルのリビングに取り入れています。

建材築素

素材 タイル

タイル ― 一生モノの価値とその耐久性 ―

タイルは1000度以上の高温で焼き締められます。
タイルが火に強いという特徴は焼成温度由来します。
釉薬を施すことで表面がガラス質になり、皮膜となってタイルの表面を覆うことで水にも強いタイルを作ることができます。

「火に強い」「水に強い」という機能面以外に陶芸品と同じ芸術的な美しい風合いがあります。
横ボーダーのタイルを使うため、光が当たると陰影ができます。
これが何年経っても飽きの来ない外観の一つです。

素材 ウォールナット

ウォールナット ― 優れた強度と粘り ―

ウォールナットフローリングは重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、また基材の狂いが少なく加工性や着色性もよいという特性を持っています。
落ち着いた色合いと重厚な木目から古くから高級家具材や工芸材として用いられてきました。

アメリカ合衆国の大統領の指揮台や米国最高裁判所のベンチに使用されるほか、耐衝撃性の強さも生かし、ライフルの銃床にも使用されている素材です。

使い込むほどにその風合いを増していくのも世界で愛される理由の一つでもあります。

素材 漆喰

漆喰 ― 空気を浄化する優れた効果 ―

漆喰の主成分である「石灰」は、地球上に豊富に存在するカルシウムが原料です。
古代から、漆喰の強い殺菌性や湿気をすごしやすくコントロールし、空気を浄化する機能は、暮らしをバランスよく健康に保つことが知られています。

漆喰は石灰粉と亜麻仁油とアルカリ性の高い水が主成分なので、石灰と石灰が直接結合し、殆ど不純物無しに元の石灰岩のようにとても硬く丈夫になります。

これが理想的な本来の漆喰の100年以上の耐久性と、いつまでも変わらぬ白さを保ちます。また熱反射率が高く、真夏の外壁温度がサイディングに比べ15度も低くなります。

まさに呼吸する自然素材、私たちの体にもいい素材であることがわかります。