岐阜の一戸建て注文住宅建替えなら町家スタイルにお任せください。

耐震金物工法

地震に対して行うべきこと全てにおいて、お客様に胸を張れる最高レベルの品質を実践しています。

信念に基づいた耐震金物工法

高い剛性×十分な靭性

耐震金物工法は、在来木造住宅では実現できなかった大空間で構成されたプランニングが可能です。
大きな吹き抜けや広い開放的なLDKは、木造の弱い部分である柱仕口の部分に金物を採用することで、広く開放感のあるプランニングを実現しています。

また、構造材である木材には、集成材と呼ばれる無垢材の1.3倍の強度を持つ材料を使用することにより、構造の歪みを抑え、建物の床鳴りなどの経年劣化を防ぎます。

日本人に愛され続けてきた「木の家」

耐震素材

従来の木造軸組工法は、柱などをくりぬき、そこに先端を細くした梁を組み合わせるなどするため、木材の欠損部分が大きくなり、地震の揺れなどが心配でした。

従来の木造軸組工法において弱点とされていた梁や接合部を強化し、地震に強い木造住宅を実現しました。

在来の仕口と比較して約二倍の強度を誇り、阪神淡路大震災を忠実に再現した三次元実大振動試験によって、震度7の大地震にも耐える頑強な耐震性が実証されています。